Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
STARLIGHT mini
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ストーリー。
0
    夜明け前のこの静寂に包まれた時間が、私のお気に入りの時間です。
    起きてすぐランニングウェアに着替えて気持ちを切り替えるのですが、
    カラダはまだ眠りから覚めたばかりで、まだ覚醒というにはタイムラグがあるのです。
    このタイムラグを埋めるがごとく、ベランダの植物に水をやったりしてます。

    昨晩、美容室に髪を切りに行きました。
    私が通い始めてもう3年くらいになる美容室です。
    繁華街から若干離れていて人通りもあまり多くないところにあるのですが、古民家をリノベーションして、柱とかがむき出しになっているところが、私のツボにハマったようでして・・・
    おまけに、三毛猫の大きいのと小さいのの2匹がいて(おそらく親子と思われる。)、梁からカウンターの台の上にドサッと降りてきたりするもので、ひそかに彼らを目当てに訪れる人も多い(勝手に私はそのように解釈してます・・・)。

    髪を切ってもらっている間に美容師さんとウイスキーの話になりました。
    私がBARでウイスキーを飲むときは3杯くらい飲むのだけれど、そのウイスキーの銘柄をチョイスする際には、ストーリー性を考えて飲むようにしているという話をしたら、その美容師さんは驚いていました。
    しかも比較的空腹時に飲むということも言ったらそのことにも驚いていました。

    ウイスキーに目覚めたのは、今から十数年前のことでした。
    とあるBARの常連だった私は、そのお店のマスターからウイスキーを勧められたのがきっかけでした。
    最初飲んだ時は、飲み込むときのカァーと熱くなる感じだけで味わいも何も分からなかったのですがいつの間にか、のめり込んでしまっていました。

    ストーリー性を考えて飲むというのは、こんなことです。
    最初に竹鶴の35年(ストレート)を飲んだなら
    次は、山崎18年(ストレート)、そして最後は竹鶴21年or竹鶴25年(いずれかをストレート)で飲むという感じです。
    あるいは、白州18年(ストレート)でスタートしたら、イチローズモルト(ストレート)そして最後に竹鶴17年で締めるという感じです。

    各ウイスキーについてのテイスティングについていろんなバーテンダーの方が書かれていますが、要は自分が飲んでみて、どのように感じるかがポイントだと思います。
    一つの物語を作りたくて、私はウイスキーを飲んでいるのかも知れません。

    今日もまた充実した一日になりそうです♪
    posted by: Ryushin | 日々の気づき | 04:44 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    自分は主に日本酒を飲みます。なので、日本酒関連の本など読むこともあり、造り手について書いてあるのを読むと、そのあとに飲む日本酒がその人のものでなくても深く飲めるような気がします。
    しかし、ストーリーを考える(作る)ということはしたこと、というか考えたこともありませんでした。
    参考にさせて頂きます。よりお酒を楽しく飲めそうです♪
    | | 2012/08/27 11:30 PM |
    瞬さんへ
    造り手について書いてあるものを読むと、より一層そのお酒に対する思い入れが深まるから、深く飲めるのでしょうね。
    実は、白州18年、イチローズモルト、そして竹鶴17年という流れは、ちょうど先日、私が後輩に飲んでもらったものです。その後輩は白州18年をこれまで飲んだことはないものの、小淵沢(山梨県北杜市)の白州の蒸溜所に行くほどのウイスキー好きであったこともあり、たいへん感激して飲んでいるようでした。
    彼の中でも一つのストーリーが作られたかもしれません。
    | Ryushin | 2012/08/28 4:36 AM |









    この記事のトラックバックURL
    http://nature-alive.jugem.jp/trackback/809
    トラックバック