Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
STARLIGHT mini
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
久しぶりの更新。
0

    ずいぶん久しぶりの更新となってしまいました。

    更新しないくらいなら、いっそこのブログを終わりにしようかと思ったのですが、これから先

    いろんなことを乗り越えていくことになるであろう時、何らかの役に立つと思ったので、続けて

    いこうと思いPCに向かっています(笑)

     

    さて、ここ数か月、「仕事におけるやりがいとは何か?」とか「(自分が好きでないことを含めて)

    やり抜く力を高めるには?」etc・・真面目にいろいろ考えてきました。

     

    実は、僕は今年になって「自分の仕事が社会に対して本当に役に立っていると言えるのか」について

    ずっと疑問に思って、答え(ここでいう答えとは、自分の中の感覚において腑に落ちることを意味し

    ます)を考えてきました」

    およそ仕事というものは、そのサービスであるとか、生産物を受け取る相手がいる訳で、その相手の

    役に立っているとは思うわけです。

    その受け取る相手が多ければ多いほど、世の中に大きく貢献しているということになるのだと考えて

    います。

    ただ、僕の仕事においては、対応する相手に100%満足してもらうということはあり得ないわけで

    して、時折、僕が対応した相手の方から、罵詈雑言を浴びせられることもあり、そのような時には、

    心が折れそうになるときもあります。

     

    「割り切って考えよう」

    そのように言う人もいます。仕方ないと割り切って考えてしまえるならストレスはそれ以上はかから

    ないと思います。ただ、置かれた相手の状況を推し量ってしまい、どんな気持ちでその言葉を発した

    のだろうかと考えてしまうので、ストレスとしてのダメージの度合いは大きかったりするのです。

     

    それ故なのか分かりませんが、時折この世界は、「仮想現実」ではないかなんてことを思ったりする

    時があります(笑)

    16年前にヒットした映画で「マトリックス」というのがありましたが、この映画みたく、この世界

    は0と1の情報の組み合わせで出来ているだけなのかもしれないなんて思ったりするのです。

     

     

    いろいろ書いてきましたが、自分の状況を変えるために必要なのは「方向性を定める」なのだと思い

    至りました。

    目的地を定めることなくして、目的地までの距離とか分かりっこないですもんね。

    その上で、「その目的地に向かって向かい続けること」

    既にその目的地に到達している人がいれば、その人の真似をしたりするといった方法もありますね。

    そのときに出てくるのが「やり抜く力」なのだと思います。

     

    この「やり抜く力」については、ここひと月ほど考え続けているので、自分なりに一定の結論が出たら

    書きます。

     

     

     

    posted by: Ryushin | 日々の気づき | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://nature-alive.jugem.jp/trackback/1125
    トラックバック